多々思うこと。
by fromsomewhere
カテゴリ
全体
雑感
映画
愚痴
詠む
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
最新のコメント
ね。
by Mori_Mogu at 23:28
おはよう
by Mori_Mogu at 05:15
なごり雪 積もったね
by Mori_Mogu at 07:22
さむさむ おはよう..
by Mori_Mogu at 05:38
いいね いいね
by Mori_Mogu at 17:39
有給デーってこことだ..
by Mori_Mogu at 08:00
いるいる
by Mori_Mogu at 17:14
おはようございます
by Mori_Mogu at 05:33
おはよう
by Mori_Mogu at 05:43
一個くださいな  美味し..
by Mori_Mogu at 18:59
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:映画( 93 )
かわいいドリー
b0155863_20111422.png

ドリーが両親と逢うシーンにはもう言葉もなく涙。
ニモとマーリンのことを家族っていうシーンにもぐっときました。
[PR]
by fromsomewhere | 2016-07-23 20:12 | 映画 | Comments(0)
SW フォースの覚醒
12月20日のチケット、買いました。
にひひ。
[PR]
by fromsomewhere | 2015-11-19 06:08 | 映画 | Comments(0)
怖いけど、今日はあの映画
チケットとりました。
恐竜の。

泣いちゃうかもしれない。
38歳だけども。
[PR]
by fromsomewhere | 2015-08-14 08:49 | 映画 | Comments(0)
フォックスキャッチャーにアメリカン・スナイパー
先週、今週とアカデミー賞にノミネートされている作品を観ました。

実に重厚な作品。
両作品とも沈黙(静寂)がセリフを語ってます。

作品賞は『6才のボク…』が獲るかもって言われてるけど、どうなんだろうね。
『バードマン…』もものすごく気になる。
[PR]
by fromsomewhere | 2015-02-22 19:44 | 映画 | Comments(0)
フィフティ・シェイズ・オブ・グレイはモザイクがすごいらしい
『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』
SMチックな性的嗜好をもった若くて恰好良い富豪とウブな女子大生の恋愛の映画。

映画館で流れてる予告、けっこう煽ってるよね。
こんなこともあんなこともしちゃいます、みたいな。


でもね、観た人たちの感想をそれとなく見てみると……
とりあえずセックスシーンではまっくろくろすけばりのモザイクがすごいらしい。

100分中20分はセックスシーンだって話題になってけど(そこに惹かれて見たいって人も多いと思う)、その間中、黒モザイクじゃ興ざめじゃない?
『ドラゴンタトゥーの女』でもひとつのセックスシーンでモザイクが使われてたけど、あれもないほうが良かったもの。
ちなみにそのシーンでルーニー・マーラーはマーキーというアンダーヘアのかつらをつけてます。
日本だとアンダーヘアが映倫にひっかかちゃう、らしい。

私もどんな内容なのか気になってたから観ようかなって思ってたけど、モザイクじゃ…。
せっかく主演の2人が身体をはってるのに黒モザイクは失礼な気がする。

そのうち無修正版の上映とかあったら話題になるかもね。
[PR]
by fromsomewhere | 2015-02-14 20:11 | 映画 | Comments(0)
猿の惑星はやっぱり期待を裏切らない
リメイク版の猿の惑星はすごい。
(オリジナル版の猿の惑星はテレビでやってるのをちらっとしか見たことがなくて
ほとんどが映画雑誌から情報を仕入れてる私ですが)
映画通としてこのリメイク版はすごいよ、と声高に言えます。

『猿の惑星 創世記』でぐっと心を掴まれて、
『猿の惑星 新世紀』でぐぐぐっと心を掴まれてしまいました。

何がすごいんだろうって考えると、やっぱり猿の表情。
特に、目。人間以上に感情を表してるんだよね。
エンディングクレジットで一番最初に名前が出てくるのがシーザーのモーションキャプチャ俳優アンディ・サーキスっていうのもすごく納得できます。

『創世記』のとあるシーンが出てくるんだけど、その思い出を懐かしがるシーザー以上に涙目になる私。思い出す場所もすごく素敵だったな。
シーザーの男らしさ、リーダーたる姿もすごいし、家族・仲間に対する愛情も見習うところがあるよね。
人間でも猿でも、心ない人(猿)っているのね…とやりきれない思いはあったけど、作品としては素晴らしいな、と。
また続編が作られそうな終わり方でした。
ちょっとだけ『アバター』っぽい終わり方って言えば通じる人には通じるね。
[PR]
by fromsomewhere | 2014-09-26 20:43 | 映画 | Comments(0)
るろうに剣心 京都大火編
姪と観てきます。

2回目。
[PR]
by fromsomewhere | 2014-08-24 09:04 | 映画 | Comments(0)
トリック ラストステージ
泣けた。

山田と上田の絆っていうか、つながりに。
[PR]
by fromsomewhere | 2014-01-12 17:59 | 映画 | Comments(0)
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女
スウェーデン版をGyaoで観ました。
ノオミ・ラパス主演。
彼女って意外に筋肉質なのね…。
今の彼女からは想像もできないとがった演技でした。
(しかし『プロメテウス』のおなかのエイリアンを殺すシーンはグロかった…)
彼女のリスベットはあくまでも個人主義。
セックスだって自分の欲望を満たしたら終わり。
まだベッドにいればっていうミカエルに対して「?」って顔をするんだよね。
もう終わったけど何か?って。
クールすぎる。

ミカエルは…先にハリウッド版を見ちゃってるからか、もさっとして見えました。
リスベットとセックスした次の朝、スクランブルエッグを作りながら
明らかに顔がニヤけちゃってるのはオヤジ感丸出しだったような。
でも、個人的に毛深いのは嫌いじゃない。

変態後見人のレイプシーンもスウェーデン版はあまり痛々しく描いてなかった。
リスベットに反撃を受けている彼の変に白い身体にぞっとしたけどね。



ハリウッド版(ダニエル・クレイグとルーニー・マーラー)の方が断然好きです。
リスベットの佇まいが何ともキュート。
病的って言い方もあるかもしれないけど、そこからたまに除く微笑ましさが、ね。
そして、ダニエル・クレイグの幾分もっさりとしたミカエル。
007のクールさも良いけど、何とも言えない色気があるミカエル。
あちこちで話題になってたけど(私もすごく気になった)、二人のセックスシーンでの
モザイクだけはひどいと思った。
あのモザイクは不要だよね。
変に目線があのモザイク部分に惹きつけられて逆効果。
却って「ココが猥褻なのです」って煽ってる。
ハリウッド版のほうが現地の寒い空気感も出てるよね。
何と言っても、映画冒頭のOPが恰好良すぎる。
どろどろっとした粘り気のある映像がストーリーと相まって期待感が高まる高まる。
リスベットはバイセクシャルって設定だったけど、ルーニー版リスベットのほうが
その感じは出てました。
調査をしているときもノオミ版リスベットは汗を書いたり肉体的なんだけど
ルーニー版リスベットはあくまでクール。感情があまり出てこない。

これは比較して観るだけでも充分面白い。


スウェーデン版の2、3も見てみたい。
リスベットの過去の描き方も違うのかな。
[PR]
by fromsomewhere | 2013-10-14 13:16 | 映画 | Comments(0)
おはよう火よう日
朝です。
[PR]
by fromsomewhere | 2013-09-10 05:56 | 映画 | Comments(0)